すぺて見る
2015.06.09

ゲノム創薬・医療フォーラム第4回談話会「個別化医療の本格導入とさらなる進展」(東京大学医科学研究所病院)

高橋克仁医師(大阪府立成人病センター、病態生理学部門長、内科)が「希少がん肉腫の新治療戦略;水平分業型の多施設共同治療連携と血管新生阻害剤による分子標的治療」について招聘講演を行いました。
→ 講演要旨はこちら

2015.05.29
〜06.02

ASCO(米国臨床腫瘍学会)(シカゴ)

キュアサルコーマボードメンバーの楢原啓之医師(兵庫県立西宮病院、腫瘍内科部長)が肉腫患者87例のパゾパニブ治療について発表しました。日本からは最多症例数の発表となりました。
→ 発表内容はこちら

2015.05.18

厚生労働省 希少がん医療・支援のあり方に関する検討会

高橋克仁医師(大阪府立成人病センター、病態生理学部門長、内科)が参考人として招致され、「希少がんの集約化と集学的治療」について発表しました。
→ 発表内容はこちら
→ 議事録はこちら

2015.02.23

日本癌治療学会ホームページ 関連学会情報に
「第10回サルコーマセミナー」が掲載されました。

http://www.jsco.or.jp/jpn/

2012.12.05 更新

血管新生阻害の新規分子標的薬パゾパニブ(ヴォトリエント)(グラクソスミスクライン社)が2012年11月23日より保険診療で処方可能になりました。適応は「悪性軟部腫瘍」で実質的にほとんどの肉腫で使用可能になりました。

詳しくはこちら

過去の情報ピックアップはこちら

肉腫の研究と治療に関する
日米国際ワークショップ

日時:2014年12月4日(木)〜5日(金)
場所:Halekulani Hotel, ホノルル

Proceedings and Reports が
ダウンロードできます。
(PDF: 14.4MB)

大阪府大阪市中央区森之宮
キュアサルコーマセンター
メールはこちら
Copyright © Curesarcoma Center